アリスをめぐる、ふたつの物語。『Dark Side ALICE』『White side ALICE』週末女優プロジェクト出演者募集! of Rrose Sélavy Tokyo official website

アリスフェスティバル2020.jpg

2020年 シアターローズセラヴィ 週末女優プロジェクト
【ALICE FESTIVAL】
『黒アリス 〜Dark side ALICE〜』『白アリス 〜Light side ALICE〜』オーディション

アリスをめぐる、ふたつの物語。

土日でプロの女優になる。
ローズセラヴィ「週末女優プロジェクト」始動!!

2020年、シアターローズセラヴィでは「週末女優プロジェクト」を始動します。

これまで、シアターローズセラヴィではプロデュース公演を幾度も上演してきました。プロデュース公演ではプロ・アマチュア問わず「舞台に立ってみたい」「役者としてスキルアップしたい」という方に平等に出演の機会を…という想いから、学生さんや社会人の方でも出演しやすいよう、土日祝日中心のお稽古・本番を実施。

すると毎回、オーディションではこんなお言葉をお伺いするのです。


「学生の頃は女優になりたかったけど、親に反対されて就職した。今からでも、どうしてもやってみたい」
「昔やっていた演劇の楽しさを忘れられなくて…」
「過去に役者をやっていたけど、事情があって夢を諦めていた。でも、土日だけなら会社務めしながら出来る」
「学生だから土日のお稽古でスキルアップしたい」

何か事情があって、演劇だけで生活する道は選べないけれど、土日には思いっきりお芝居をしてみたい。それも趣味の範囲でなく、プロとして演技をしてみたい。

そんな方がとてもたくさんいらっしゃる事に、私達は驚きました。また、そういった方々はとても熱心に舞台に取り組む方が大変多く、「本気で演劇をやりたい」というお気持ちが十分に伝わってきました。

そこでローズセラヴィでは、実際に舞台に出演しながら、土日のお稽古でプロとしての実力を身につける「週末女優プロジェクト」を2020年に始動する事が決定。


その第1弾として不朽の名作「不思議の国のアリス」をモチーフとした【アリスをめぐるふたつの物語】を上演致します。

♥『黒アリス 〜Dark side ALICE〜…「不思議の国のアリス」のダークサイドを扱った、大人のためのアリス作品。「不思議の国のアリス」の裏側とも言えるダークな世界観を通して、原作の物語の中に散りばめられた不条理や哲学のエッセンスを読み解いていくダークメルヘン。

♥『白アリス 〜Light side ALICE〜』…不朽の名作としての「不思議の国のアリス」をモチーフとした、可愛らしいメルヘン作品。登場人物達と一緒に、可愛くて楽しい不思議の国に思いを馳せる、大人のための絵本のような物語。


つきましては、その出演者をオーディションにて公募致します。

プロとして活動している方はもちろん、舞台が初めてという初心者も歓迎。今回の公演のみ出演の<プロデュース公演部門>と、継続的に土日を中心にプロとしての演劇活動を続けていきたい方のための<週末女優部門>の2部門での募集となります。

舞台に立ってみたい方、「不思議の国のアリス」が好きな方はぜひご応募下さい。

※プロデュース公演部門も、お稽古・本番は土日祝日を中心に行います。
※オーディション時にスケジュールをお伺いするため、両部門とも学生さんやお仕事をお持ちの方も応募可能です。

THEATER Rrose Sélavyと『不思議の国のアリス』

シアターローズセラヴィで最初に『不思議の国のアリス』をモチーフにした作品が発表されたのは2012年、楽劇座により初演された【アリスは何処へいった?】。この作品は好評を博し、後にゴシック&ロリータブランドとのコラボレーション、プロデュース公演での上演等、再演を重ねています。また2013年には『不思議の国のアリス』に登場する帽子屋をモチーフとした【この鍵、ダレのもの? 〜ありふれた忘れ物におけるアリス的考察〜】も上演。

2015年には『不思議の国のアリス』 誕生150周年を記念して『不思議の国のアリスフェスティバル』を開催。楽劇座による新作舞台の上演、過去にも好評を博した作品をプロデュース公演で再演し、イベントは大盛況のうちに終了。また、2017年には劇場5周年を記念して再び『不思議の国のアリスフェスティバル』を開催。これにより、シアターローズセラヴィでは『不思議の国のアリス』をモチーフとした作品が定番のひとつになりました。

20080802135137.jpg

DSC_0035.JPG写真:過去の楽劇座公演より
DSC_0441.jpgDSC_0306.JPGDSC_0007.JPG
DSC_0194.jpgDSC_0448.jpgDSC_0141.JPG

クリックすると拡大します。

sou091_c.png

募集部門・応募資格

●両部門とも、舞台や芸能活動の経験は問いませんが、プロの俳優と同等のお稽古を受け舞台に立ちたい方。楽しく、真剣に舞台に立つ意思のある方。
●東京都新宿区で行われる、土日祝日を中心としたお稽古・本番に参加可能な方。
●応募時に必ず希望部門を明記して下さい。(プロデュース公演部門/週末女優部門のいずれか。両部門の併願も可)
●「黒アリス」「白アリス」のどちらに出演されるかはこちらで決定させて頂きます。

当方では、応募者の方の個性・演技力はもちろん、舞台への思い(やる気)や人柄等を知った上でキャスティングを決定したいという考えから、2次審査では可能な限り個人面接を行っております。そのため、お会いできる人数に限りが出てしまいますので、遊び半分の方のご応募はご遠慮下さい。真剣に舞台に立ちたいという気持ちがある方のご応募をお待ちしております。

プロデュース公演部門

alice3.jpg

9歳以上の女性(事務所や劇団に所属されている方も可)

シアターローズセラヴィプロデュース公演のキャストとして『不思議の国のアリス』をモチーフとした舞台に立ちたい方。(今回の公演のみの出演となります。)

求める人物像

・すでに役者として活動しており、よりスキルアップして実力をつけたい人
・アイドルや歌手等の活動をしていて、舞台にも挑戦してみたい人
・お芝居の経験はない、もしくは浅いけれど、とにかく舞台に立ってみたい!という人
・とにかく「不思議の国のアリス」の世界観が好きな人
・主役級の役に挑戦したい人
・お仕事や学校と両立しながら舞台に立ちたい人(スケジュールをオーディションの際にお伺いするので、学校やお仕事に支障なくお稽古・本番が可能です)
・将来、プロの女優・俳優になりたい子役、学生
・「台詞ってどう言えばいいの?」と悩んでいる人
・脚本の読み解き方を知りたい人
・以前、当方のプロデュース公演のオーディションに落選した方、または出演した事がある方で再挑戦したい人

プロデュース公演の特色についてはコチラLinkIcon

週末女優部門

アリス10.jpg

16歳以上の女性。土日にプロのお稽古に参加し、「主演を演じられる」女優を目指したい方。

今回の公演以降も、継続して定期的に舞台に立ちたい方。土日を中心としたお稽古のため、社会人や学生、主婦の方も歓迎致します。

※事務所・劇団等に所属されている方のご応募も可能ですが、必ず所属先の許可を得てからご応募下さい。

求める人物像

・土日のお稽古に参加可能な方
・会社務めと両立してプロの女優を目指す社会人の方
・昔、演劇をやっていて、復帰したい方
・演劇をやりたかったけれど、事情があって諦めていた方
・主演やメインキャストを演じるための実力を身に付けたい方
・プロとして通用する実力や礼儀作法等を身に付けたい方
・学業と両立しながら、学校卒業後にプロの女優になるためのお稽古・実践を重ねたい学生

募集要項・応募先

応募先
LinkIcon160-0022 東京都新宿区新宿1−28−9 新宿高山ビルB1F THEATER Rrose Sélavy 『ALICE FESTIVAL 2020』出演者募集N係
上記の住所にプロフィール(氏名、年齢、住所、メールアドレス、電話番号、身長、体重、年齢、希望部門、志望動機は必ず明記して下さい)、写真2枚(全身、バストアップ)をお送り下さい。
※未成年の方は保護者の同意を得た上でご応募下さいませ。
またメールでのご応募も受け付けております。同内容をタイトル「『ALICE FESTIVAL 2020』出演者募集N係」としLinkIconAudition@rrose-selay.netまでメールをお送り下さい。
締切
第1次締切:2020年1月10日(必着)
第2次締切:2020年2月10日(必着)
第3次締切:2020年3月10日(必着)
※人気企画のため、定員に達した際は早期に募集を終了する場合もございます。お早めのご応募をお勧め致します。
公演(本番)日
2020年5-6月のいずれかの日程(土日祝日)を予定。
その他
●応募された写真や履歴書は返却致しません。ご了承下さい。
●持ち込みでのご応募は受け付けておりませんので郵送かメールでのご応募をお願い致します。
●書類選考通過者にのみ、後日面接の日程をお知らせ致します。
●稽古日程・本番日程はオーディション時にスケジュールをお伺いした上、合格者の方の予定を考慮して決定致します。
●選考に関するご質問にはお答えしておりません。ご了承下さい。
●書類審査を通過された方には郵送もしくはメールでご連絡致しますので、必ずAudition@rrose-selavy.netからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。